准看護師の気になる給料事情について

准看護師の給料ってどれくらい?

看護師が国家資格なのに対して、都道府県知事の許可によって得られる資格が准看護師です。どちらも医療機関に勤務し、医療に従事することが多く、仕事内容と言う意味ではほとんど変わりはありません。
准看護師のステップアップ

ただし、准看護師は国家資格でないこともあり、キャリアアップや給料の面では看護師より不利になります。実際のところ、准看護師の給料は看護師に比べて1割から2割低いところが多いです。

平均的な月収は約25万円と言われています。 ボーナスは年間でだいたい60万円ほどになるようです。 25万円×12か月+60万円で年収にして、だいたい360万円が平均といったところでしょう。

大卒の初任給の平均が20万円を切るような世の中ですから、決して給料が悪いわけではありません。 しかし、仕事内容はほぼ同じなのに、資格が違うというだけで看護師と2~5万円も差がついてしまうので、看護師を目指す人もいるようです。

あくまでこれは平均ですので、勤務先の経営状況などによってもかなり異なります。 医療機関と言えども、近年は経営が悪化しているところが多いので、毎年ほとんど昇給が行われないところも多々あるようです。

やはり昇給がない状態が長く続くと、不満も溜まりますし、何より日々の仕事へのモチベーションがあがらないこともあるでしょう。 そうした場合には、准看護師、看護師云々ではなく、転職を考えたほうが給料アップの近道かもしれません。

準看護師でも待遇のいいところはありますし、給料にそれほど差がなくても、住宅手当や通勤手当が充実していて、総支給額という面で大きくなるところもあります。

また経営方針で、準看護師を積極的に雇用しているようなところもあるので、準看護師だからと言って尻込みする必要はありません。

なかなか自分ではいい求人を見つけられない場合には、看護師専用の就職・転職サイトに登録したり、コンサルタントに相談するという方法もあります。 基本的に利用は無料なので、まずは登録してみて情報を得てから転職を考えるというやり方でもいいでしょう。

個人病院は給料が良い?

どんな職業でも当てはまることですが、同じ量の仕事をこなして、同じスキルを持っていたら誰でも少しでも給料が良いところに勤めたいですよね。では、看護師という職業で給料が良いとされるのはどのような病院でしょう。

これは、働く時間、日数、資格手当、夜勤をするかしないかで大きく変わってくるので、一概には判断しにくい面があります。

個人病院の方が給料が良いといわれますが、個人病院というのは、院長が社長であくまでも個人経営をしている病院ですから、儲かっている病院はおのずと社員である看護師の給料もよくなります。

でも、儲かっていない病院では、看護師に支払う給料も少なくなるのは当然のことです。もし、個人病院で給料が良いところを見つけるとしたら、「儲かっているか」「たくさん患者さんがいるか」ということが重要になってきます。

給料の他にも比較検討しなければなりません。それは、「各種の保険を取り扱っているか」「福利厚生は充実しているのか」「院内保育はあるのか」などトータルで見てみると、手取の給料は若干少なくても結局は同じくらいの収入、あるいはそれ以上ということにもなります。

また給料の良い悪いだけで職場を選んでしまうと、思わぬ落とし穴もあります。それは、人間関係です。病院という極めて閉鎖的な環境にいる看護師にとって、人間関係は非常に重要な要素です。

特に女性が多く働く場では、ちょっとしたことで人間関係が壊れてしまい、思い悩む人も多いようです。 看護師は、転職に関しては他の職業に比べると非常に有利で、どの医療機関でも必要とされています。

今現在の状況をよく考え、給料・待遇面の向上、人間関係もゼロから始めたいと考えている人にとって、転職はひとつの選択肢でしょう。

転職先を考慮する上で、給料だけを基準にするのではなく、できるだけトータル的に見て判断することが大切ですから、転職支援サービス会社にいるコンサルタントに相談するというのも心強いのではないでしょうか。