看護師の面接でよく聞かれること

面接の準備をする際に、どういったことを聞かれる可能性が高いのかを考え、それに対する回答を用意しておきましょう。

どの職場でも聞かれるのが、いつから勤務できるのかということです。 前の職場をまだ辞めていない場合、すぐにでも働けますという回答はできませんよね。 適当なことを言って結果的にその日までに辞められないという形になると大変なので注意が必要です。

病院の就業規則をよく確認し、「今働いている職場の就業規則では2ヶ月前に退職の意思を示さなければならないため、再来月の○日頃から勤務可能です」というように具体的に伝えましょう。

看護師は人手が不足している職場が多いため、なかなかスムーズに辞めることができません。 上から引き止められていてなかなか辞められないというような話をすると採用される確率が低くなってしまうので注意しましょう。

次に、なぜ前の病院を辞めたのかという質問も代表的です。 退職理由として前の病院の悪口を伝えてしまうと印象が悪くなります。

スキルアップのためというように前向きな回答をしたいですね。

それから、趣味があるかどうか聞かれることもあります。 ここでは特にないと答えるよりも何か答えておいた方が良いです。 特に看護師という職業は体力を使う仕事でもあるため、体力があることを伝えられるスポーツ系の趣味だと好印象を与えることができます。

読書なども真面目な雰囲気を与えられることから印象は良いのですが、最近読んだ本のタイトルを聞かれることもあるのでこのあたりはしっかりまとめておきたいですね。

また、意外かもしれませんが両親が健康かどうかということについて聞かれるケースもあります。 これは、看護師の退職理由の上位に親の介護が挙げられるからです。

採用したとしても健康状態のすぐれない両親がいた場合には、すぐに辞められてしまうのでは…という不安を病院側は抱えているため、注意して回答を考えていかなければなりません。

どのようなことを聞かれるかというのは病院によって違いますが、最低限こういった質問に対する回答を用意しておきましょう。

メニュー

ページの先頭へ